「声で新しい文化を創る」Voicy資金調達を実施、有力エンジェル投資家らが12名参加。アプリβ版を大幅リニューアル

2017.03.15プレスリリース

株式会社Voicy(代表取締役CEO:緒方憲太郎、本社:東京都渋谷区、以下「Voicy」)は2017年3月までに平澤創氏(株式会社フェイス代表取締役社長)、島田亨氏(元楽天株式会社副社長)など、計12名のエンジェル投資家らから資金調達を実施いたしました。

またアプリβ版とHPの大幅リニューアルの実施、さらに新パーソナリティのオーディションもスタート致しましたので、お知らせします。

▼平澤創氏、島田亨氏、計12名からの資金調達を実施
声のスタートアップVoicyは2017年3月、計12名のエンジェル投資家らより出資を受けました。

出資に参加した投資家は、平澤創氏、島田亨氏、谷家衛氏、高野真氏、須田仁之氏、その他Voicyとシナジーのある事業会社のCEO5名及び、技術顧問2名です。
今回の資金調達では資金面のサポートだけでなく、各投資家とビジネス面での連携も強化し、コンテンツの拡充や新サービスの開発、人材の確保でシナジーを生んでいくことに期待しています。

▼アプリβ版、ホームページの大幅リニューアルを実施
 2016年9月23日にリリースしたVoicyアプリβ版は5ヶ月目を迎えました。
サービスリリース時の提携メディアはスポニチ、毎日新聞、THE BRIDGE、ぴあ映画生活など8社からスタートしましたが、現在は西日本新聞やアルク、松竹などと新たに提携し、25社へと拡大いたしました。

またオーディションを通過し、アプリ内でチャンネルを持ち放送するパーソナリティは40名から140名へと増加。メディアとパーソナリティの双方が増えたことにより、Voicy上での表現の幅が広がり、個性的でリッチな音声コンテンツがさらに増えてきております。

また、Voicyアプリではユーザー1人あたりのアプリ使用時間が、一日平均10分を超えました。Voicyでは音声コンテンツ市場の拡大への可能性を握りかけてると考えています。

活字メディアやコンテンツ会社等多方面から連携のご提案に対応すべく、この度Voicyアプリβ版の大幅なアップデート、また弊社ホームページの刷新、ロゴの変更を実施いたしました。


=== アプリβ版リニューアルについて===

今までの「声のサーフィン」に優れた操作性はそのままに、新たな機能を幾つか追加しました。また全体のデザインをより柔らかな雰囲気に変更いたしました。

<主な変更点>
・ジャンル分け、タグ機能の追加
・写真投稿機能の追加
・1.5倍速、2倍速再生機能の追加
・ランキング、再生履歴の表示・コメント返信機能の追加

= ホームページリニューアルについて =

今後予定しているWEB機能拡大プロジェクトの第一弾目として、ホームページを刷新いたしました。現在はVoicyアプリでのみ聞けていた100を超えるチャンネルをWEBでもお楽しみいただける機能の開発、パーソナリティのプロフィール一覧の開発に着手しております。 

=== ロゴの変更について ===
 
声の表現力と人間性を様々な情報に載せることで、体温のある情報を届けることをイメージして、温かみを表現した新しいロゴを制作いたしました。

今後は声の表現力や人間性、個性によりフォーカスをし、感性xITを追求するベンチャー企業として、「体温のある情報」を届けるプラットフォームを発展させていく予定です。声のインターフェイスが話題になる中、声で彩る社会を提案していきます。