Voicy公式英語ニュースチャンネル「Voicy News Brief with articles from The New York Times」のパーソナリティオーディショションがスタート

2020.05.08プレスリリース

音声テクノロジーで新しい音声体験をデザインする株式会社Voicy(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:緒方 憲太郎)は、本日5月8日、Voicy公式チャンネルで初となる英語ニュースチャンネル「Voicy News Brief with articles from The New York Times」のパーソナリティオーディションを開始しました。

オーディション特設サイトは、以下URLからご確認ください。
https://event.voicy.jp/Voicy_NYT_audition

Voicyには、自社で制作、運用を行う「Voicy公式経済総合ニュース」「Voicy公式ITビジネスニュース」などの公式チャンネルがあります。現在β版を放送している「Voicy News Brief with articles from The New York Times」は、公式チャンネルの中でも初となる英語のニュースチャンネルです。

この度、6月8日の正式版ローンチに向けて、「Voicy News Brief with articles from The New York Times」のパーソナリティオーディションを行います。

「Voicy News Brief with articles from The New York Times」では、The New York Timesのコンテンツライセンス部門である、NYTLicensing (https://nytlicensing.com/) との契約の元、国際色豊かな記事をThe New York Times (https://www.nytimes.com/) より選定し、お届けしています。

放送では、バイリンガルパーソナリティが綺麗な発音、自然なイントネーションで、ニュース記事を、英語で読み上げます。2つのニュースを読み上げた後に、ニュースの中に出てくる英単語を日本語で解説。解説内容もパーソナリティ自らが考えます。このチャンネルを通して、日本ではあまり耳にすることのない海外ニュースが生活の中に自然と入ってくる体験を、新たなパーソナリティの皆さんと作ってまいります。

■オーディション特設サイト
オーディションや活動内容の詳細は、募集サイトでご確認ください。
https://event.voicy.jp/Voicy_NYT_audition

■募集要項
【応募期間】
2020年5月8日(金)~2020年5月24日(日)23時59分

【選考方法】
応募フォームへの入力内容と、収録した音声を元に選考します。
音声を収録していない方は、選考の対象になりません。

応募フォームはこちらから
https://form.run/@voicynewsbrief
選考用音声の収録方法はこちらから
https://corp.voicy.jp/assets/file/audition_manual_200506.pdf

【募集人数】
4名(平日各曜日担当制です)

【応募条件】
1. iPhone, iPad, Androidのいずれか+PCをお持ちの方
2. バイリンガルパーソナリティとして、綺麗な発音、自然なイントネーションで、ニュース記事を英語で読み上げられる方。
3. 英単語解説の内容を自分で考えて、日本語で説明できる方。
4. 日本時間で、放送日の前日夜19:00以降に収録が可能な方。
※年齢は問いません。
※国籍は問いませんが、日本語を話せる必要があります。
※海外在住者の応募も可能です。

【求める人物像】
・多くの人に自分の声を届けてみたい方
・責任を持って配信ができる方(配信予約をすることが可能)

【活動期間】
2020年6月8日~6か月間程度を予定。

【選考の流れ】
募集期間:2020年5月8日(金)~2020年5月24日(日)
審査期間:2020年5月25日(月)~
合格者へ通知:2020年5月27日(水)以降
顔合わせ:2020年6月1日(月)~2020年6月5日(金)
配信開始:2020年6月8日(月)