ボイスメディアVoicy、パーソナリティが夏の思い出語る「#あの夏の忘れられない言葉」開催中!

2020.08.24プレスリリース

株式会社Voicy(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:緒方憲太郎)が運営するボイスメディアVoicyは、現在、Voicyの各チャンネルにて「#あの夏の忘れられない言葉」をテーマとしたエピソードトークを配信しています。放送は、VoicyのiOSアプリ・Androidアプリにて「#あの夏の忘れられない言葉」と検索してお聴きいただけます。

ボイスメディアVoicyでは、パーソナリティがその時期やトレンドに合ったトークテーマで話す「ハッシュタグ企画」を不定期で開催しています。

8月のトークテーマは「#あの夏の忘れられない言葉」。

現在、以下のチャンネルをはじめとした複数のチャンネルで放送がスタートしています。

甘酸っぱい青春の話やクスッと笑える話、”エモい”話まで。今年は例年とは違った過ごし方になった「夏」の思い出を、あなたの好きなパーソナリティと一緒に共有しませんか?

現在放送中!おすすめの「#あの夏の忘れられない言葉」を一部ご紹介!

『スラムダンク「シュート2万本です」』
荒木博行のbook cafe / 荒木博行
https://voicy.jp/channel/794/93887

大人気漫画「スラムダンク」から、安西先生の名言を紹介しているのは、毎日書籍の要約や学びポイントを紹介・解説している荒木博行さん。
たったの一言「シュート2万本です」から一体どんな気付きがあるのでしょうか。練習の「量と質」を高めるために、考えておきたい4つのポイントを押さえてみてくださいね!

『映画サマータイムマシンブルース』
スマホの中のシネマハンドブック / 東 紗友美(映画ソムリエ)
https://voicy.jp/channel/963/94116

2005年の映画「サマータイムマシンブルース」から、あるポジティブなセリフを紹介しているのは、映画の最新情報や人気映画の解説をしている東紗友美さん。
「タイムマシンによって過去や未来が見える」という切り口ではないセリフで、「そんな発想があるのか!」と思わず声が出てしまいそうです。あなたなら何と言いますか?