中国新聞社がボイスメディアVoicy内にチャンネル開設。「聞いてみんさい!広島」の放送スタート

2020.10.01プレスリリース

音声×テクノロジーで新しい音声体験を創造する株式会社Voicy (本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:緒方憲太郎)と株式会社中国新聞社(本社:広島県広島市、代表取締役社長:岡畠鉄也)は、2020年10月1日、ボイスメディアVoicyに「聞いてみんさい!広島」のチャンネルを開設し放送を開始します。

「聞いてみんさい!広島」は以下のURLからお聞きいただけます。
https://voicy.jp/channel/1267

■「聞いてみんさい!広島」とは?
広島を中心とした中国地方の最新ニュースを10分程度でお届けするチャンネルです。毎日17:00に更新します。広島にゆかりのある8人のパーソナリティが、曜日担当制でお伝えします。番組の最後にはパーソナリティによるフリートークコーナーを設け、情報配信だけではなく、「地元の人と話すような温かさ」を感じられるチャンネルを目指します。

■パーソナリティ紹介

<月曜担当(隔週)>
宗藤あやめさん
広島出身の都内大学生
「東京から見た広島の良さを伝えていきます。楽しいニュースもそうでないニュースも共感してもらえるように頑張ります」

<月曜担当(隔週)>
田原実来さん
広島出身の都内大学生
「広島はスポーツが盛んなので明るく伝えたいと思います。また、視覚障害者の方にも聞いてもらいたいです。広島への思いを伝えていきます」

<火曜担当>
加藤久嗣さん
地元TV局の番組などを多数手掛けるフリーディレクター
「広島のローカルニュースを深く伝えていきます。歴史やトレンドなど、聞いている人が温かくなるようなニュースを届けます」

<水曜担当>
うえむらちかさん
タレント、作家(広島に関する著書多数)
「広島の良さを県内外に発信していきます。広島のスポーツや食、美に関するものも取り入れていきたいです」

<木曜担当>
森光七彩さん
MC、アナウンサー、シンガーソングライター、元NHK広島キャスター
「普段、自分からあまりニュースに触れない人にも、聞きやすく心地よく、地元に直結した最新のニュースを届けていきます」

<金曜担当>
高橋貴裕さん
外資系コンサルタント会社事業部長
「今後、一極集中ではなく、地方都市に注目が集まると思うので、地方発信のニュースを広げていきたいです。価値ある地元の情報を届けます」

<土曜担当>
澤崎柚希さん
声優、アイドル、イベント会社営業
「広島の魅力やふるさとへの思いなど、地域の温かみに寄り添って伝えます。広島のことを知らない人にも、分かりやすく伝えていきます」

<日曜担当>
岡崎修司さん
元ドラゴンフライズ選手、ドラゴンフライズアンバサダー、経営者、薬剤師
「聞いてくださる方の刺激やきっかけにつながるよう、地元の情報を地元の方とやりとりしながら配信していきます」

◆「聞いてみんさい!広島」のご利用方法
「聞いてみんさい!広島」は以下のURL・QRコードからご利用いただけます。
https://voicy.jp/channel/1267

すでに9月30日(水)0時から、番組の予告放送を配信。10月1日(木)17時から、本配信を開始いたします。

■中国新聞グループと中国新聞社について
1892年の創刊以来、新聞、テレビ、ラジオといったメディアをはじめ、デジタルサービス、読者会員組織、イベント運営、出版、オリコミ、文化事業など、地域の方々の暮らしや文化に結びついた事業を多角的に展開しています。
その中で、中国新聞社は、地元広島を中心とした独自の取材網により、地域に根差した報道機関としてニュースを配信しています。全国の最新ニュースはもちろん、広島を中心とした中国地方の政治や経済、社会、スポーツ、地域ニュースなどを、中国新聞朝刊や中国新聞SELECT、中国新聞デジタル、各SNS、メールマガジンなどでお届けしています。