< CAREER TOPへ戻る

2021.05.19

初新卒採用でEXを考え抜いた結果「合同入社式」に行きついたら超エモくなった話

初新卒採用でEXを考え抜いた結果「合同入社式」に行きついたら超エモくなった話

こんにちは。Voicyカンパニークリエイターの”みのりー”こと水橋 美の里です。
Voicyは今年初めて新社会人を迎え入れることになりました。

新卒入社は、中途入社とは違った責任を感じて受け入れるべきと考えています。
配属までに最高のEXを新卒入社メンバーへ提供したい、と様々検討した結果、私たちは「合同入社式」という結論に行きつきました。

その顛末を紹介することで、Voicyの社員やEXに関する考え方、また実際にどうやって形にしていったのかを共有したいと思います。

合同入社式企画のはじまり

遡ること1年前。私たちは「データアナリスト」として平野くんに内定を出しました。

平野くんは長期インターン生として既に活躍をしていたので、通常の総合職新卒採用と比べれば判断は容易だったものの、これまで中途採用のみで拡大をしてきたVoicyとしては決断は容易でなく「私たちに新卒を受け入れる覚悟があるのか?」と何度も議論を重ね、最終的に英断として内定を出しました。

この日が一つの区切りになる親御様や、社会に出るまでに関わってこられた方々のことを考えると、軽い気持ちで迎えるわけにはいきません。
内定通知後、私たちは新卒社員向けの教育プログラムやオンボーディングを0から設計していきました。

幸い前職で研修を担当していたかっさんや、マナー講師資格を持つ郷さんもいたため、恥ずかしくない価値提供ができるプログラムが冬には出来上がりました。

けど何かが足りない。。。この違和感を抱えたまま3月を迎えようとしていた時、私たちはその違和感の正体に気がつきました。

それは同期の存在です。

私自身、新卒同期の絆は深く、厳しい1年目を乗り越えられたのは同期がいたからですし、今でもたまに集まったりSNSで活躍している姿を見ては奮起させられる貴重な存在です。
それはEXを担当するかっさんやはるも同じ気持ちでした。

平野くんに同期を作ってあげたい。けど1名入社なので物理的に難しい。
どうすればいいか協議を重ねる中、行き着いたのが「合同入社式」だったのです。

異分野から集まった3社のコラボ

すぐにSNSで呼びかけてみたところ、何十社という企業から「興味あります!」とリアクションをいただきました。
また「自分たちは無理だけど素敵な考え方なのでシェアします」とアクションを起こしていただいた企業様も多くいらっしゃいました。

反応してくださった皆様、本当にありがとうございました!

余談ですがvoicyパーソナリティの澤円さんからも「研修手伝いますよ!」と反応いただき、社員一同大感激でした、、!

予想以上の反応に嬉しさを感じつつも、日程・時間帯の問題やオンラインorオフラインの考え方などから、最終的に以下の2社と合同で開催することになりました。

とても素敵な企業なのでここで簡単にご紹介させてください。

THINGMEDIA株式会社
映像制作×配信プロデュース×Webメディア事業を展開する急成長ベンチャー企業。Voicyはファンフェスタの配信などでもお世話になっています。

ZaPASS JAPAN株式会社
オンラインコーチングサービスを始め、コーチマッチング事業、コーチング養成講座事業などを展開されているスタートアップ。
かっさん曰く今1番イケてるコーチングアカデミー。

全く異分野の事業を展開する3社が集まることなりましたが、これが結果的に強み弱みを補完することに繋がり、とてもいい結果につながりました。
そしてたまたまですが3社とも新卒初受け入れの企業で、今回にかける思いが強かった点も、足並みを揃えるのには十分な材料となりました。

新卒向けの最高のEXとは?

さて、ここから準備段階に入ります。

合同入社式・合同研修など初めてづくしの企画を初対面メンバーで行う難易度の高いMTGが続きましたが、忙しい時間を縫いリモートで何度も話し合いを重ねました。

同期の深いつながりを作ることがミッションなのでオフラインで行いたい、けどオンラインに変わりつつある時流にも上手くのりたい。
議論の結果「新社会人だけでなく、彼らの人生に関わってきた人たちも主役になれるような会」にすることで、オフラインとオンラインを上手くMIXしたエモいEXになりました。

一般的な入社式の内容以外に企画したことを、ここで簡単に書き出してみます。

新入社員のご家族や人生で関わった大切な人向けのオンライン入社式同時開催

これまで閉鎖的に行われてきた入社式ですが、新社会人の関係者の方にとっても大きな節目。大切な方にも閲覧していただきたい、とYouTube LIVEで配信することにしました。

記念品の製作

同期の絆を深めるために、記念グッズを制作することにしました。

新入社員の大切な価値観を共有するコンテンツ

ワークショップ形式で新入社員の半生を振り返れるコンテンツを作りました。
オンラインで視聴している親御様への感謝の言語化や、各社社員の理解深化を狙いました。

各社社員からのサプライズ動画

当日はコロナ対策のため社員は参加できなかったため、社員との心的距離を近づけるためにサプライズ動画を撮影して新入社員へ贈りました。

どれもいい意味で普通ではないですよね?
次項でより詳細に紹介していきます!

会社のカルチャーを一番感じる日

さて時は経ち 4月1日。入社式本番はあっという間にやってきました。
普段私服勤務の私たちですが、晴れの日なので今日はスーツ参加です。

当日のスケジュールこちら。

  • 開会の挨拶
  • 辞令、プレゼント授与
  • 新卒全員の意気込み発表
  • 社長メッセージ
  • サプライズ動画
  • ランチ
  • ワークショップ

今回はVoicy、ZaPASSから1名ずつ、THINGMEDIAから2名の計4名。
1名が急遽zoomからの参加となりましたが、全員揃って開催する事ができました。

11時の開式と同時に、生配信が始まり緊張感が走ります。

緊張の辞令交付。緒方の方が緊張していそうです。

辞令交付と共に、サプライズの記念品を贈呈しました。

中身は

  • 3社のロゴが入ったパーカー
  • 同期の顔と名前を一致させるためのチロルチョコ
  • 各社社長の推薦本
  • 後々の研修で使う、お揃いのオリジナルノート
  • これから一緒に働くメンバーからの声のメッセージ

推薦本は各社社長が思いを込めて、一冊の本を選びました。
ちなみに緒方はVoicyパーソナリティ田端信太郎さんの「これからの会社員の教科書」を選びました。忖度なしで新卒にぴったりの内容になっている本です。

また、Voicyを利用しての声のメッセージも贈りました。
苦難の多い社会人一年目。辛い時に立ち返ってもらえたら、そんな思いで収録しました。

新入社員の意気込みに感動

新入社員にも意気込みを語ってもらいました。
新社会人らしいフレッシュなものから、10年目のベテラン級のものまでカラーが出ました。簡単に紹介させてください。

ZaPASS JAPAN株式会社 大門史果さん

「一緒に働くという決断の重みを分かっていなかった私の入社希望を受け入れてくれた事に、感謝の気持ちでいっぱい。自分とZaPASSの未来にワクワクしています。」

THINGMEDIA株式会社 田中帆南さん

「大学の頃から映像制作に興味があったので、入社できた事が嬉しい。不安もありますが、1日でも早く仕事を覚えて戦力になりたい。」

THINGMEDIA株式会社 杉本一就さん

「新入社員という事に実感がまだない程、濃いインターン期間でしたが、社会人として改めて責任感を持ち、シングメディアにコミットしていきたい。」

そして弊社の平野翔斗さん!

「緒方のスピーチを聞いて、この会社であれば自分事で働けると思いました。ユーザーとパーソナリティが楽しめるよう、Voicy推進に力を尽くしていきたい。」

本当に各社素敵な採用ができたんだな、と改めて実感する瞬間でした。

折角ですので各社の代表からのコメントも紹介させてください。
三社三様で、全く違う切り口の学び深いものになりました。

ZaPASS JAPAN株式会社 代表取締役CEO 足立愛樹

「受け入れる身として、おめでとう ではなく ありがとう と伝えたい。これから先、自分の中にしかない正解を感じ取っていけるかが大事。また、会社でつかう時間にも必ず意味があるはず。自分の可能性を広げていく経験を、社会の中で過ごしてもらいたい。」

THINGMEDIA株式会社 代表取締役CEO 田中博之

「クリエイティブな僕たちの仕事には、人間性が出る。面白い人でも、幅の広い人でも、深みがある人でも何でも良いから、いい人になってもらいたい。そしてお金のための仕事ではなく、社会貢献や世の中に何かを残す仕事を是非やって欲しい。」

株式会社Voicy 代表取締役CEO 緒方憲太郎

「必死にやることの面白さを知ると、人生が豊かになり、仕事にも面白みを感じれるようになる。またベンチャーというのは、世の中に新しい価値を生む事が出来る場所。だから全力で食らいついて欲しい。それぞれが、日本を代表する1人になることを期待しています。」

聞いている私たちも、改めて襟を正す気持ちになりました。
※弊社緒方のスピーチはYoutube動画にてご覧いただけます。

そして、前半戦の締めくくりは、各社からのサプライズ動画。

これから一緒に働くメンバーからのメッセージは、新入社員の心に響いたのではないかと思います。温かい言葉たちに笑顔が生まれていました。

新入社員の半生を共有

ランチを挟んでワークショップ。
こちらもオンラインで、親御様や社員にLIVE配信をしました。
アーカイブでも見れるようにし、時間が合わないメンバーも追って確認ができる配慮も。

事前課題で作ってきてもらった自己紹介シートを元にこれまでの人生を振り返り、

  • 子供時代はどんな子だった?
  • 学生時代はどんなことをしていた?
  • これまでの人生の体験での記憶に残っているベスト3は?
  • なぜこの会社に入社を決めたのか?
  • この会社で5年後どんなことをしていたいか?

などをお互いに話すことで相互理解を深め、これまでの人生で関わった方々への感謝の念をアウトプットしつつ、なぜ入社したのかを今一度考えてもらいました。

初めての試みでバタバタもしましたが、無事終了。とてもいい時間になりました。

今回の入社式では特に、社長挨拶や新入社員の意気込み発表・サプライズ動画などは各社のカラーが色濃くでました。
自社だけではなく他社という比較対象があることで、新入社員からもカルチャーフィットを改めて感じたという言葉もあり、合同入社式の新しい可能性を感じることができました。

まだ終わらない、後日合同研修。

入社式から2週間後、改めてVoicyオフィスで顔を合わせた新入社員。
この日は合同研修を受け、マナーを学ぶ経験を一緒に体験したり、お互いの価値観を知るコンテンツで、より「同期」になっていきます。

もらったばかりの名刺を渡してみたり

来客をエレベーターに案内したり

ZaPASSさんから「ZaPASSメンテナンス」というコンテンツを提供していただいたり。

特にこちらの研修は「他の人の価値観をもっと深く知りたく、もっとやりたかった!」「毎週こんな素敵なコンテンツをやっているなんて羨ましい…!」と、とても好評な企画でした。

新入社員からは予想以上の評価

合同入社式を終えた4名からは、

  • 合同でやる事で、この会社に入って良かったと再認識できた
  • 会社が違えど同期が出来たのがとても心強い
  • 2日しか会ってないのに昔からの友達みたい!
  • 節目、門出として気が引き締まった

などの感想が。また研修に関しても、

  • クライアントさんと関わる事が多いので、敬語は特に意識して使い分けるようになった
  • 実際に名刺交換をした際に、戸惑う事なく渡す事ができ、非常に役立った
  • 人の価値観を理解することや、深く自分を見つめる大切さを知った

と、早くも意識改革に繋がっているようでした。

各社の強みである動画・音声・コーチングを掛け合わせた入社式・研修を経た新入社員の4人。一緒に過ごした時間はたったの2日間ではありますが、同期として関係性が深まっているようで本当に良かったです。

これからの社会人人生で、楽しい時・悩んだ時・辛い時などに再会し、支え合い・切磋琢磨し・そして笑い合ってくれていたら、企画者としてこんなに嬉しいことはありません。

改めて今回の企画に携わってくださいました各社の企画担当の皆様、動画や音声収録にご協力いただいた皆様、配信を見てくださったご家族の皆様、そして最初の呼びかけにリアクションをいただいた皆様、本当にありがとうございました!

もしVoicyに来年新卒が入ることになれば、また合同入社式をやりたいな、と考えております。「エモい」ことが好きな企業の人事さん、今のうちからご連絡お待ちしております!

Voicyに興味を持ってくれた方は、ぜひVoicyの採用サイトからご応募お待ちしております!

CULTUREカルチャー

< CAREER TOPへ戻る