< CAREER TOPへ戻る

2021.06.11

【声の求人票】Goエンジニア

【声の求人票】Goエンジニア

こんにちは。Voicyカンパニークリエイターの高森はるなです。

この記事は、Voicyが配信している「声の求人票」を書き起こしたものです。
音声でも聞きたい方は、記事最後の再生プレーヤーからお楽しみ下さい!

◆メンバー紹介
高森 はるな(以下高森):カンパニークリエイター、採用人事
三上 悟  (以下三上):エンジニアリングマネージャー
灘脇 裕一 (以下灘脇):バックエンドエンジニア
河邑 俊輝 (以下河邑):バックエンドエンジニア
会沢 美優紀(以下会沢):バックエンドエンジニア

募集背景・職務内容について

(高森)今回は「Goエンジニア」のポジションについてお話していきたいと思います。まずは募集背景、職務内容についてみっきーさんお願いいたします。

(三上)募集背景は、パーソナリティさん・リスナーさんの増加、決済機能の開発など音声プラットフォームを支えるための仕組みに多くのエンジニアが必要だからです。

主にやっていただきたい職務内容は、バックエンドのAPIの開発からサービス基盤のインフラの改善、サービス運用です。自社サービスの開発全般に関わることができます。
主要なプログラミング言語はGoです。音声処理にはPythonをメインで利用しています。一部、サービスの立ち上げ時期から運用しているJavaやPHPもあるのですが、将来はGoにリプレイスすることを検討していますので、Goでの開発経験が豊富にあると嬉しいです。
とはいえ今のメンバーもGo未経験で入社している方が多いので、これからGoやっていくぞという気持ちが大事になります。

Voicyの主要なプロダクトは、音声を再生するプレーヤーと収録するレコーダー、あとマイクロサービスに分かれて作っています。
モダンな環境で音声配信プラットフォームの開発にチャレンジしていただける方は是非よろしくお願いします。

どんな人と働くの?

(高森)ここからは一緒に働くメンバーの紹介をして行きたいと思います。
というわけで、4名のエンジニアさんがいらっしゃるので、1人ずつご紹介していければと思います。まずはみっきーさんからお願いします。

(三上)Voicyでエンジニアリングマネージャーをしているみっきーこと三上と申します。Voicyには入社して1年4ヶ月くらいになります。
Voicyは6社目で、これまで受託の開発からスタートアップまで様々な経験をしており、バックエンドエンジニアとしては15年くらいの経験があります。

(高森)ありがとうございます。続いて、なだまるさんお願いします。

(灘脇)なだまること灘脇です。バックエンドエンジニアを担当しています。入社時期が去年の7月なので、ちょうど10か月目ぐらいです。
今まではエンジニアとしてプログラムを書いてきたり、上流工程で要件定義や要求定義を担当していました。Voicyでは幅広く見ようと頑張っております。

(高森)ありがとうございます。続いて、ごろうさんお願いします。

(河邑)ごろうこと河邑と申します。同じくバックエンドエンジニアを担当しております。入社したのが去年の4月なので、ちょうど1年くらいですね。
今は新卒3年目で、前職は大手不動産ポータルサイトの開発をバックエンドからフロントエンドまでやっていました。

(高森)ありがとうございます。では最後にみっくさんお願いします。

(会沢)はい、みっくこと会沢です。バックエンドエンジニアをしています。入社時期は去年の6月なので、そろそろ1年が経過します。
前職は、スタートアップの創業期から携わってR&Dエンジニア兼フルスタックエンジニアをしていました。

(高森)ありがとうございます。バックエンドチームがこの4名だと思うのですが、チームの雰囲気はどんな感じですか?

(灘脇)和やかな雰囲気がベースにありますが、みんな自分に厳しいので仕事は緩くないですね。コミュニケーションが得意な人が多く、黙々と業務にあたるというよりはコミュニケーションを取りながらという感じです。

(高森)この間もみなさんで集まってやってましたよね。

(灘脇)障害の訓練を僕が企画し、バックエンドのみんなを呼んでトレーニングをしていました。

(高森)外から見ててすごく楽しそうだなと思いました。

(灘脇)楽しかったですよ!

(高森)ごろうさんとかどうですか?

(河邑)自分からいろいろ手を動かしてやっていく能動的な人が多いと思っています。社内ハッカソンであったり、勉強会だったり、テック系のイベントをバックエンドのメンバーが率先して開催していてすごく楽しいです。
技術が好きな人が集まっていて、みんなで楽しく開発しよう!これやろう!みたいに自ら率先して動くので、一緒に開発して楽しいメンバーですね。

求める人物像

(高森)最後にどんな人と一緒に働きたいか聞いてみたいと思います。皆さんいかがでしょうか?

(灘脇)先ほどもあったんですが、能動的な方がいいなと思います。イベントとか社内としても多いので、ずっと黙々とやっている方よりは誰かとコミュニケーションがとれて、一緒に開発していくスタンスを取れる人が合ってるかなと思ってます。どうですかね?

(河邑)そうですね、僕も同意です。あとは知的好奇心があるというか、新しい技術とか、新しい知識を得るのが好きな人はすごい合うんじゃないのかなと思います。

(会沢)音声というそこまで社会浸透していないものを扱っているので、0→1の思考をきちんと持って、新しい製品やサービスを作っていくことに情熱を持っている方がいたら嬉しいなと思っています。

(高森)ありがとうございます。みっきーさんいかがですか?

(三上)業務で学んだことを、ちゃんとみんなに共有してくれることが大事だと思ってます。自社サービスで、何年、何十年運用することになるので、新しく入って来た人達の為にも記録をちゃんと残してくれることが大事だなと思います。

(高森)まだ小さい組織なので、エンジニアチーム内だけじゃなく、ほかの部署とも関わりがあったり、全社としてのイベントもあるので、楽しくワイワイする雰囲気が好きな方はすごく合うんじゃないかなと思いました。皆さんどうでしょうか?

(灘脇) そうだと思います。思いついたらやっちゃうタイプの方がいいと思います。それが間違ってても覚えるくらいの感覚で。

(高森)ありがとうございます。

三上さん、灘脇さん、河邑さん、会沢さんありがとうございました。

この記事を読んで頂き、もしVoicyにフィットしていると感じてくださった方がいましたら、ぜひご応募お待ちしております!

JOB DESCRIPTION声の求人票

< CAREER TOPへ戻る